世界最小種の鹿「プーズー(Pudu puda)」の故郷に行く旅

美味しいコスパ抜群の「PUDA」との出会い

最近ワインはジャケ買いがほとんどでいくら蘊蓄を読んでもいまいちよくわからAN DEERLEない。昔懐かしいLPレコードもそうだったように自分の感性を信じデザインから入ってみるのが何となくシックリくるらしい。PUDAとの出会いも可愛い小鹿の絵が気に入り店頭にある赤4種類をジャケ買いしてみた。

 

グラマラスヴォヤージュお勧め、美味しいコスパ抜群の「PUDA」のゆかりの島の世界最小の鹿と世界遺産との出会いの旅、チリのチロエ島旅行の行き方,予算,費用は無料見積もりに自信の名古屋のオーダーメイド専門旅行会社グラージュへ

 

チロエ島という南米チリの大きな島

Wild Puda「INSPIRED BY THE CHILEAN DEER」と記載されておりチリの鹿を調べてみたら世界最小種のPudu puda プーズーが生息するチロエ島(スペイン語:Isla de Chiloé)はチリのロス・ラゴス州にある島でチリの島では2番目に大きい島らしい。

 

世界最小の小鹿に会う旅は難波一二のチロエ島へコスパ抜群のワインとの出会いの旅路と世界遺産の教会群

 

Pudu puda プーズーとは

プーズーは体長70-83cm、尾長3-5cm、肩高25-43cm、体重7-12kg程のシカ科最小種で全身は硬い体毛で覆われ、四肢は太く短く、蹄も短い。夏毛は赤褐色、冬毛は灰褐色。生後2か月までは白い斑点が入り、オスにのみ頭部に10cmほどの角が生え7月に抜け落ちる。

 

世界最小の小鹿に会う旅は難波一二のチロエ島へコスパ抜群のワインとの出会いの旅路

 

チロエ島の世界遺産

チロエの教会群チロエの教会群は、チロエ島にある木造の教会群で18世紀から19世紀に建設され今ではなんと159棟もの教会が残っている。ほとんどがイエズス会の教会として建設され、ゴシック様式やバロック様式の建築でヨーロッパの色んな様式とチリの様式がミックスされたチロエ様式が特徴です。カストロ聖堂をはじめ14もの協会聖堂が2000年に世界遺産に登録され観光客に話題となっている。

グラマラスヴォヤージュお勧め、美味しいコスパ抜群の「PUDA」のゆかりの島の世界最小の鹿と世界遺産との出会いの旅、チリのチロエ島旅行の行き方,予算,費用は無料見積もりに自信の名古屋のオーダーメイド専門旅行会社グラージュへ

 

お客様のご要望をお伺いし、旅行プランをお作りします。
こちらで紹介していないプランやホテル、クルーズに関しましても、
お気軽にお問い合わせください。

旅行のプランについて下記の電話、 または下記フォームよりお問い合わせください。

グラマラスヴォヤージュ(株式会社グラージュ)
TEL : 052-324-8299 
営業時間:10:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日・年末年始

世界最小種の鹿「プーズー(Pudu puda)」の故郷に行く旅
お問い合せフォーム 

下記フォームにご入力いただき確認ボタンをクリックしてください。

  

ご希望方面または国

表題タイトルが自動入力されます

*詳しいご希望はメッセージ欄にどうぞ

出発日*
帰着日*
出発地(空港)*
参加人数:大人*
参加人数:子供(12歳未満)*
旅行形態*
航空券のクラス*

ご希望のご搭乗クラスをお選びください

旅行タイトル* 

今回のご旅行に思い思いのタイトルをつけてください

お名前*  
年齢*
性別*  男性女性
メールアドレス*
郵便番号*
ご住所*
お電話番号*

携帯電話など日中ご連絡可能な電話番号をご記入ください

連絡のつきやすい時間帯*

コンシェルジュからお電話を差し上げます、ご都合の良い時間帯をお選びください

どこでこのオーダーメイド旅行を知りましたか
お得なメルマガ登録
当社へのメッセージ

Follow me!