赤毛のアンの故郷プリンスエドワード島半日観光

赤毛のアンの故郷をキャベンディッシュ村から効率的に観光

キャベンディッシュ村は公共交通機関が無く不便ですが、ご宿泊先にガイドがお出迎え。

プリンスエドワード島ならではのグルメ

ランチにはプリンスエドワード島の名産品ロブスター料理とポテト料理をご用意いたします。

日本語ガイドがご案内します

車でまわらないと観光できないモンゴメリーの生家グリーン・ゲイブルズ博物館、フレンチリバー、ケンジントン駅に、
赤毛のアンとプリンスエドワード島を愛する日本語ガイドがご案内。

 

赤毛のアンの故郷プリンスエドワード島半日コース

時間 スケジュール
11:45頃 キャベンディッシュのご宿泊ホテル出発
12:00頃 シーフードレストランでロブスターランチ(約60分)
新鮮な海の幸が豊富なプリンスエドワード島♡ その中でもロブスターは絶品です!



13:15頃 ルーシー・モード・モンゴメリーの生家(約30分)
モンゴメリーは1874年に父ヒュー・ジョン・モンゴメリーと母クララ・ウールナー・マクニールの間に生まれました。祖父母に引き取られるまでの1年9ヶ月をこの家で過ごしました。モンゴメリーの友人が作ったウェディングドレスのレプリカや新婚旅行の際に履いた靴など、彼女のお気に入りの雑貨が展示されています。※10月第2月曜日の感謝祭以降は外観のみ



13:55頃 フレンチリバー(約10分)
カラフルな色の漁師小屋が並ぶ、プリンスエドワード島でも有数の美しいスポットです♡



14:15頃 グリーン・ゲイブルズ博物館(約30分)
モンゴメリーの叔母さんの家で、現在もキャンベル家の人たちが暮らしています。モンゴメリーはこの家が大のお気に入りで、島を離れた後も帰省するたびに、この場所を訪れました。祖母の死後4ヶ月をここで過ごし、ユアン・マクドナルド牧師との結婚式もここで挙げました。



15:00頃 ケンジントン駅(約10分)
現在、プリンスエドワード島内の電車は廃止されていますが、ところどころに残された駅舎が博物館や観光案内所として使われています。アンが心細い思いでマシューを待っていたブライトリバー駅の雰囲気が感じられます。



15:25頃 キャベンディッシュのご宿泊ホテル到着

 

お客様のご要望をお伺いし、

赤毛のアンの故郷プリンスエドワード島半日観光への旅行プランをお作りします。

こちらで紹介していないプランやホテル、クルーズに関しましても、
お気軽にお問い合わせください。

 

旅行のプランについて下記の電話、メールアドレス、または下記フォームよりお問い合わせください。

グラマラスヴォヤージュ(株式会社グラージュ)
TEL : 052-324-8299 
営業時間:10:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日・年末年始
 
 

赤毛のアンの故郷プリンスエドワード島半日の旅 
お問い合せフォーム 

下記フォームにご入力いただき確認ボタンをクリックしてください。

  

ご希望方面または国

表題タイトルが自動入力されます

*詳しいご希望はメッセージ欄にどうぞ

出発日*
帰着日*
出発地(空港)*
参加人数:大人*
参加人数:子供(12歳未満)*
旅行形態*
航空券のクラス*

ご希望のご搭乗クラスをお選びください

旅行タイトル* 

今回のご旅行に思い思いのタイトルをつけてください

お名前*  
年齢*
性別*  男性女性
メールアドレス*
郵便番号*
ご住所*
お電話番号*

携帯電話など日中ご連絡可能な電話番号をご記入ください

連絡のつきやすい時間帯*

コンシェルジュからお電話を差し上げます、ご都合の良い時間帯をお選びください

どこでこのオーダーメイド旅行を知りましたか
お得なメルマガ登録
当社へのメッセージ

Follow me!