赤毛のアンの故郷プリンスエドワード島東海岸ハイライト

赤毛のアンの故郷をクラフトや島の歴史と共に効率的に観光

広大な景色が楽しめるセントピーターズや、島の東端あるイーストポイント灯台、映画「赤毛のアン」に登場する駅のモデルとなったエルマイラ駅
100年前の島の様子が再現されているオーウェルコーナー歴史村博物館をめぐります。

プリンスエドワード島の伝統工芸にも触れる

三姉妹が経営するパスタイムPEIでは、伝統工芸であるラグ・フッキングもご案内します。

日本語ガイドがご案内します

車でまわらないと観光できないモンゴメリーの生家グリーン・ゲイブルズ博物館、フレンチリバー、ケンジントン駅に、
赤毛のアンとプリンスエドワード島を愛する日本語ガイドがご案内。

 

赤毛のアンの故郷プリンスエドワード島東海岸ハイライト終日コース

時間 スケジュール
09:00 シャーロットタウンのご宿泊ホテル出発
09:45頃 セントピーターズ入江(約10分)
風光明媚な入江はおすすめの写真撮影スポット。セントピーターズ・ユナイテッド教会など白亜の教会がいくつも望めます。



11:00頃 エルマイラ駅舎跡(約20分)
かつて島に鉄道が走っていた頃、1912年にオープンした東の終点駅。現在は駅舎が島の鉄道博物館になっています。6月中旬〜9月中旬の開館期間は入場しますが、それ以外の時期は外観のみとなります。



11:30頃 イーストポイント灯台(約30分)
プリンスエドワード島の最東端に建つ白亜の灯台。常に強い風が吹き、大西洋の荒波が崖を崩すため、19世紀の中頃に建てられてから何度も内陸側に移築されました。6~9月は灯台の内部の見学も可能です。



12:20頃 スーリの町でランチタイム(約60分)
メニューからお好きなものをお選びください。


※サンプル画像

スーリ灯台(約15分)
1880年建造の白亜の灯台。展望台のひさしの下にある装飾的な窓が特徴。2011年、プリンスエドワードアイランド州の歴史的建物物に認定されました。



14:45頃 オーウェル歴史村博物館(約45分)
1890年代の農村風景を再現した歴史村。雑貨屋、鍛冶屋、学校などがあり、赤毛のアン当時の服装でスタッフが案内してくれます。プリンスエドワード島の歴史が体感できるおすすめスポットです。


15:45頃 パスタイムズ・ピーイーアイ(約45分)
その昔、プリンスエドワード島の女性たちが農閑期の間に集まっておしゃべりしながら手作りしていたラグ・フッキング。古着などのウールをひも状に切って、麻の布地にかぎ針で一目ずつ模様を編み込んで作り上げます。島育ちの三姉妹シャーリー、ヘザー、ベティーがその技術を今に伝えています。



17:00頃 シャーロットタウンのご宿泊ホテル到着

 

お客様のご要望をお伺いし、

赤毛のアンの故郷プリンスエドワード島東海岸ハイライトへの旅行プランをお作りします。

こちらで紹介していないプランやホテル、クルーズに関しましても、
お気軽にお問い合わせください。

 

旅行のプランについて下記の電話、メールアドレス、または下記フォームよりお問い合わせください。

グラマラスヴォヤージュ(株式会社グラージュ)
TEL : 052-324-8299 
営業時間:10:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日・年末年始
 
 

赤毛のアンの故郷プリンスエドワード島東海岸ハイライトの旅 
お問い合せフォーム 

下記フォームにご入力いただき確認ボタンをクリックしてください。

  

ご希望方面または国

表題タイトルが自動入力されます

*詳しいご希望はメッセージ欄にどうぞ

出発日*
帰着日*
出発地(空港)*
参加人数:大人*
参加人数:子供(12歳未満)*
旅行形態*
航空券のクラス*

ご希望のご搭乗クラスをお選びください

旅行タイトル* 

今回のご旅行に思い思いのタイトルをつけてください

お名前*  
年齢*
性別*  男性女性
メールアドレス*
郵便番号*
ご住所*
お電話番号*

携帯電話など日中ご連絡可能な電話番号をご記入ください

連絡のつきやすい時間帯*

コンシェルジュからお電話を差し上げます、ご都合の良い時間帯をお選びください

どこでこのオーダーメイド旅行を知りましたか
お得なメルマガ登録
当社へのメッセージ

Follow me!