沖縄旅行で台風接近中だ!どうする対策と傾向?【出発前・滞在中・最終日】

沖縄旅行で台風がきた!どうすればいいの?【出発前・滞在中・最終日】

沖縄旅行の料金チェックは画像をクリック

 

1.旅行出発前に台風が来たら・・・

夏休み旅行は早目に申し込まないと予約が確保できないなんてこと多いですね。

でも実際に申し込むのは大体、出発日の1~3か月前に予約する方が多いかと思います。

折角の夏休み家族旅行、子連れ旅行に台風直撃!なんて言ったら気が滅入りますよね… 

旅行予定期間に台風が来るかどうかは、神様でもわかりません。旅行は天気次第と言いつつも気まぐれな天気を気にしていたら旅行なんて無理ですね。

そんな時、出発前に台風が接近してきたらどう対処すればいいかをご案内したいと思います。

1-1.旅行出発前日

旅行のパッキングも何とか終わり、いよいよ明日出発と期待に満ち溢れ子供たちも興奮状態だと思います。

当日飛行機が飛ぶか飛ばないか・・出発地または目的地が直撃でもしていない限り前日には何もわかりません。

今は便利な時代で各航空会社が悪天候などによる運行への影響をいち早くお知らせするご予約便お知らせメールなどのサービスを実施しています。
(欠航・遅延・天候調査・条件付き運航)搭乗予定の便があいにく欠航や遅延となってしまった場合こんなサービスもあります。

悪天候・自然災害・機材故障などで遅延・欠航が見込まれる便、および遅延・欠航が決まった便における取り扱いについては各航空会社のホームページをしっかりチェックしましょう。航空会社で直接航空券を購入した場合と旅行会社のツアーの場合と取り扱いが違うのでご注意を。便の振り替えもホームページ・モバイルサイトでお手続できる場合もあり便利です。

でも飛行機はよほどのことがない限り飛んでいきます。

 

台風ニュースに釘づけになるより自分は天気男・天気女と信じてどっしり構えてください。

 

1-2.旅行出発当日

朝起きてニュースを見たらガァーン、台風来てますとなった場合はまず1.1の搭乗予定の航空会社のホームページをこまめにチェックしましょう。
欠航となっていなければ「とにかく空港へレッツゴー」です。 旅行会社に連絡を入れる人も多いと思いますが、一般的に出発は朝便が多く旅行会社は開店が10時か11時です。やはりまず空港に出かけなければ始まりません。

また飛行機が飛ぶかどうかは出発時間直前までわかりませんから。。。

飛行機は向かい風には強いですが横風には弱いです。台風が直撃するかどうかよりも風向きや風速で飛ぶか飛ばないか決まります。
機材ごとに最大横風制限がありその値を超えると飛びません。もちろん台風が空港直撃の場合は飛ばない可能性が高いかと思います。
または遅延という場合もあります。(フライトキャンセルにならない限り10時間でも24時間でも遅延扱いの場合もあります)

変更対象便であれば当日空港のカウンターで、別便への振り替え(例えば、朝の便を夕方の便等に振り替えることが可能です。
旅行会社に申し込みをしたなら営業時間内に連絡をして状況を確認しましょう。個人手配の場合は各自で航空会社へ。

結論、飛ばないと決定していない限り必ず空港まで行くのが基本です。

1-3.旅行代金って戻ってくるの?

出発時に台風で残念ながら飛行機が飛ばない場合の変更や取消費用、払戻しについて。
募集型企画旅行と手配旅行で全く対応は違います。

募集型企画旅行の場合・・・・
便を変更して出発をする場合ですが(現実的には次の便が飛ぶ場合まず乗れませんが乗れた場合)、
航空代金に関しては同日の振り替え便ということになり代金はかかりません。
※但し空港までの交通費、もしくは滞在費(翌日便の振り替えで出発空港近くのホテルに泊まる場合など)は自己負担です。

台風で飛ばない(欠航)となり旅行を取りやめる場合、または旅行会社がツアー中止決定する場合
(全行程がセットになった添乗員付きや団体旅行など)は旅行代金は全額払い戻してもらえます。

自分で勝手に判断し空港へ行かずに自宅にいて、万が一乗るはずの便が飛んだ場合は・・・
キャンセル料が全額かかります(=1円も戻りません、返金無しです)のでご注意を。

また、欠航が決定するより前に自分で勝手に判断して旅行を取りやめる場合は・・・
通常通りのキャンセル料(国内旅行の場合、前日で30%、当日出発前が50%)がかかりますのでご注意ください。

詳しくは、申し込みをされた旅行会社に確認ください。
個人手配の場合は各航空会社にご確認を!

―― 結 論 ――
★よほどのことがない限り出発前日に欠航はならない。
★自分勝手な判断で自宅待機はしないこと。
★旅行会社から連絡がない限りは空港へ行くこと。(個人手配の場合はどこからも連絡はありません)
★旅行会社が中止を決定した場合は全額返金してもらえる(キャンセル料は旅行会社による)
★個人手配の場合は全て自分で航空会社に確認しないといけません。

 

2.沖縄旅行中に台風が来たら・・・

沖縄旅行で台風接近中だ!どうする対策と傾向?【出発前・滞在中・最終日】

沖縄旅行の見積もりはこちらをクリック

出かけるときは台風は台湾周辺、あれよあれよという間に沖縄に急接近。旅行中に台風沖縄が直撃!
そんな時はどう対処したらよいのでしょうか!

2-1.観光地について

・沖縄諸島では台風が来るとほとんどの観光地や交通機関(フェリー、飛行機)やお店が閉まります。
・マリンスポーツも同様でシュノーケリング、ダイビング、カヤック、バナナボート、ジェットスキー、ヨットなど
 は強風や高波などで即中止になります。
・沿岸の大型リゾートはホテル内から一歩も出られなくなることが多いです、缶詰状態です。
 出発前に緊急時に対応できる代替案を用意していくことをおすすめします。
・例えばインドアアクティビティ(○○製作、○○体験)、屋内プールやスパ、ジムなど
 子供向けプログラムなどが充実しているホテル、リゾートを選ぶと安心です。
・ホテルによっては一歩も出なくても十分リゾート気分を味わえるところなどもありますので、ぜひチェックしてみましょう。

★但し、宿泊予定期間を過ぎてもホテルに缶詰めなんて言う場合も勿論ホテル代は請求されますので…..

2-2.レンタカーについて

・高速道路は本当の中央部を走っていますが、海沿い道路が多い為レンタカーで移動はまず無理だと思いましょう。
・強風・突風・波・折れた木や看板などいろんなものが飛んでくるかも・・事故にあうという悲惨な状況にもなりかねません。
 沖縄の方々は台風が来るとほとんどの方は外へ出ません。

★車の運転は絶対にやめておくのが無難です。

2-3.オプショナルツアー、体験プログラム、アクティビティの取消料金は

出発前にオプショナルツアー、体験プログラム、アクティビティを別途予約したけど台風で集合場所へ行くことができない、
主催会社判断で中止になった場合の取消料金については申込方法や運営会社によって違ってきます。

・大前提として参加者の都合でキャンセルや減員した場合は必ずキャンセル料がかかります。

・屋内型プログラムやアクティビティなどは台風で中止とは限りません。

・風がとても強かった、豪雨だったから中止になるかと思って行かなかったなどの自己判断です。

・台風が来たときはどうなるのか運営会社に参加条件やキャンセル規定など事前にしっかり確認把握しておきましょう。

――ポイント――
★観光地(屋外)は閉鎖になることが多い
★遊べる施設、体験施設が充実しているホテル、リゾートを選ぶ。代替案を考えておくこと
★台風時にレンタカーは基本乗らない
★申込時に各種オプション・アクティビティの中止連絡が来るか、返金してくれるかなどの確認をしておく

 

3.旅行最終日に台風が来たら・・・

沖縄旅行で台風接近中だ!どうする対策と傾向?【出発前・滞在中・最終日】

沖縄家族旅行のお値打ち見積もりは画像をクリック

旅行も終盤、いよいよ明日家に帰る、ニュースを見れ沖縄本土に台風が!
どうしよう・・帰れるの?・・・帰れないの?・・・
心配しなくても大丈夫です、不安になることはありません。
後は帰るだけなのですから。
じゃあそんな時はどうしたらいいのか案内したいと思います。

3-1.便が飛ぶかどうかは分かりません。。でも出発時と同じ行動を!

もしも最終日に台風が急接近した場合も往路と同じ対応です。
搭乗予定の航空会社、もしくは旅行会社が対応してくれますので必ず空港へ向かいましょう。

帰りに乗る予定の便が前日もしくは当日に「変更対象便」となった場合は…
復路の変更ができますので前日の便で帰る、当日の遅い便に変更したり、旅行会社もしくは航空会社へ連絡して変更してもらいましょう。

※前日に帰る場合に宿泊代など取消料が発生するかどうかは規定通りですが一応旅行会社に確認を。
個人手配の場合は宿泊ホテルに直接確認が基本です。

3-2.飛ばない(欠航)になった場合

万一飛ばない(欠航)になった場合は、旅行会社が宿泊先の手配や代替案のお手伝いをしてくれます。
但し電話が繋がりにくいということが多いので、ホテルへ直接聞いてみることもおすすめします。
費用に関しては原則お客様の負担となります。

最悪空港でロビーで一夜を過ごすことも(空港閉鎖されていなければ)可能ですが。
子連れや女子旅の場合は色々心配不安もありますのでホテルへ泊まることをお勧めします。

私などは、仕事があるどうしよう・・とか明日はアポイントが・・など色々と都合はあるかも知れませんが
ラッキー!「もう一日観光できる…なんて!」と割り切ってプラス思考で楽天的が気が楽です。

3-3.最終日に欠航になった場合の滞在費

搭乗予定便が飛ばずに(欠航)なった場合、臨時便等などの振替輸送が飛ぶ場合は返金もしくは追加請求はありません。
でも、2時間前に出発する別便なら席が取れる、他社便や他のルートに自己都合で変更して帰る場合は、
全く別の航空券購入となるため有料(しかもかなり高い)です。勿論当初予定便の返金もありません。

旅行会社ではホテルの手配のお手伝いをしてくれますが、全てお客様負担の有償です。
(交通費、ホテル宿泊、お食事代など個人的費用)

沖縄で台風により足止めになった時は特別料金が設定されているところが多いです。
台風シーズンは沖縄のピークシーズンです、もし旅行会社に手配をお願いする場合でも確保できるホテル優先にお願いするのが
確実に宿泊先を確保するコツです。予算重視で結局どこも満室になってしまったなんて話もよく耳にします。

レンタカー付プランでレンタカーを翌日まで利用する場合ははもちろん延長料金がかかります。
必ずレンタカー会社へ事前連絡を入れるてください。

――ポイント――
★欠航の連絡がない限り必ず空港へ行く
★台風で足止め時の滞在費・個人的費用は全て利用者負担
★延泊が必要な場合は確保できるホテル優先にお願いしたほうが確実に確保できる

 

沖縄旅行で台風接近中だ!どうする対策と傾向?【出発前・滞在中・最終日】
お問い合せフォーム 

下記フォームにご入力いただき確認ボタンをクリックしてください。

  

ご希望方面または国

上記タイトルが自動入力されます

*詳しいご希望はメッセージ欄にどうぞ

出発日*
帰着日*
出発地(空港)*
参加人数:大人*
参加人数:子供(12歳未満)*
旅行形態*
航空券のクラス*

ご希望のご搭乗クラスをお選びください

旅行タイトル* 

今回のご旅行に思い思いのタイトルをつけてください

お名前*  
年齢*
性別*  男性女性
メールアドレス*
郵便番号*
ご住所*
お電話番号*

携帯電話など日中ご連絡可能な電話番号をご記入ください

連絡のつきやすい時間帯*

コンシェルジュからお電話を差し上げます、ご都合の良い時間帯をお選びください

どこでこのオーダーメイド旅行を知りましたか
お得なメルマガ登録
当社へのメッセージ

Follow me!