チップってどれくらい払うの?チップを少なくするための4つのヒント

チップっていつ・どこで・どうやって・いくら払うの?

日本人にとってチップって何っ!って感じですよね。日本にチップなんて無いしと思っていらっしゃるあなた…実は日本にもチップって存在していますよ。

幼いころちょっと格式ある旅館などに泊まった時に入口から仲居さんが付いてくれて部屋まで案内を受け、お茶と菓子をいただきおもむろに父親が胸ポッケからポチ袋を取り出し低い位置からそっと仲居さんに差し出したもの。

昔は何渡してるんだろうなんて思っていましたが実はあれが寸志(チップ)だったと気づいたのは何時の頃だろう….

チップはどのくらい払うの?
米国では一般的に15%が妥当なスタート基準ですが、国ごとにエチケットはさまざまです。

飲食のお勘定全体の標準的なレートは15%ですか? 他の国の人達はチップに関して異なった見解を持っていますか?
お勘定を支払うレジの近くに置かれているコイン瓶はどうしたら良いですか?

その仕事に従事する人たちの最低賃金はどのようにして配慮しますか?

人それぞれ答えは沢山あるかもしれません。それは、その国の社会的な常識に基づいて作られていますが、一番大切なのはサービス受益者の自発的な感謝の気持ちです。

チップの制度はチップが一般的でない別の国々から訪れる旅行者には最も困惑する制度です。法律で決められているわけでもな井のですから。

たとえば、米国のウエイターの最低賃金が1時間当たり約2.5ドルなのに対してオーストラリアの最低賃金が1時間あたり約13ドルと高いために、オーストラリア人にもうまく理解できません。

ここでは一般的なチップの実践のガイドを紹介します。

 

15%のチップは妥当な金額です

国別チップガイド*1を確認すると、提供されるサービスのタイプ、国の地域やその他の要因によって料金が異なることがわかります。

レストランサービスで15%から20%、ビュッフェサーバーでは10%(飲み物オーダーと片付け係)、
バーテンダーでは1ドリンクにつき1ドルから2ドル、バー勘定の20%。

 

 

旅 行
空港でのSkycap: チェックインした場合は荷物1つにつき1ドル。スカイカップがチェックインカウンターに荷物を持ってくると、1つあたり2ドル。
ホテルドアマン: 荷物の運搬援助のために1つあたり1ドル。タクシーをご利用の方1人$ 1
ホテルbellhop: あなたの部屋に荷物を持ってくるために1つあたり1ドル(ただし、1つしか持たない場合は最低2ドル)
ホテルハウスキーパー: $ 2〜$ 5 * /泊
(部屋を汚してしまったり散らかしてしまった場合はさらにお渡しください)
ホテルコンシェルジュ: チケットや予約を得るための$ 5(入手が困難な場合は10ドルプラス)。
道順を尋ねるときにヒントは必要ありません。
ツアーガイド: 個人チャーターの場合半日$20-40 1日$40-100 団体の場合一人$5~
送迎のドライバー: 空港ーホテル送迎片道当たり$10-15
クルーズ: 不定。クルーズラインに慣習的なチップの説明を聞く。(事前払いが多い1日あたり$13-19)

 

レストラン/バー
ウェイターウェイトレス: 適切なサービスのために法案の15%(税抜き)。非常に良いサービスのために20%; 貧弱なサービスの場合は10%以上
ヘッドウェイター/キャプテン: 多くの場合、テーブルサーバのヒントを削ってしまいます。キャプテンに報酬を与えるためにあなたのサーバーを特別にチップするか、キャプテンを個別にチップする
ソムリエ、またはワインスチュワード: ボトルのコストの15%
バーテンダー: 15%〜20%のタブ、ソフトドリンク1本につき最低50セント、アルコール飲料1ドルあたり1ドル
コートルームアテンダント: コートあたり$ 1
駐車場またはガレージアテンダント: あなたの車を持ってくるために$ 2~5
洗面所の係員: 50セントから$ 1

 

毎日の生活
クシードライバー: 地域によって異なります。15%で十分であると仮定します。バッグの助けを借りて$ 1〜$ 2を追加します。
食品配送人:* 請求書の10%(税金を除く)、最高10ドルの請求書に対して最低1ドル。困難な配達の場合、15%〜20%のチップが必要です。
食料品ローダー: ヒントが受け入れられた場合は店舗ポリシーで確認してください。もしそうなら、バッグを車に持っていくための$ 1; 3袋以上ある場合は$ 1.50〜$ 3です。
理容師: ヘアカットの場合、15%〜20%、最低$ 1。他のサービス(シャンプー、シェービングまたはマニキュア)については、サービスプロバイダーに$ 1から$ 2のヒントがあります。
美容師: 15%〜20%。(そうでなければ、チップの所有者には受け入れられるようになりました。)
シャンプーの人: $2
マニキュリスト: 15%
スパサービス(マッサージなど): 15%〜20%。所有者によってサービスが提供されている場合、ヒントはありません。
チップジャーを備えたコーヒー/食品小売店のスタッフ: 先端は必要ありません。完全にオプションです。

 

チップは最低賃金を補うもの

米国ではチップは合法的に賃金とみなされ、一部の州のレストランでは、ナショナル・レストラン協会によれば、最低賃金を支払うというビジネスの義務を満たすために、労働者が受け取ったチップを適用することができます。

連邦最低賃金は1時間に7.25ドルですが、多くの州や都市には独自の高い水準があります。さらに、多くの地方自治体では、定期的にチップ収入を得ている労働者のための最低限のものがあります。

例えば、ネバダ州では正規労働者と転職労働者の最低賃金は8.25ドルですが、近くのユタ州、テキサス州および他の多くの南部州では、転職労働者の最低賃金はわずか2.13ドルです。

チップがウェイターとウェイトレスにとって大切なの報酬の一部だということが理解して取れます。

アメリカでの15%のチップ計算方法。

伝票の合計金額を6で割ります。

請求額の合計を6で割ることで、16.67%になります。実際には標準の15%より少し高いですが、計算するのが簡単です。7で割ると(14.3%)で少し足らないので6で割るのが一番簡単です。

どうしても15%キッチリ支払うもう一つの手っ取り早い方法は、合計金額を10で割ってその数の半分を加えることです。

例:これを実際の数値で試してみましょう… 27ドルの請求書にいくらチップを払いますか。
$ 27の15%を正確に支払う場合は、$ 4.05を支払うことになります。上のヒントを参考に、あなたがどれくらい近づいているかを確認してください。

  • 5で割る(20%):$ 27÷5 = $ 5.40
  • 6で割る(16.7%):$ 27÷6 = $ 4.50
  • 7で割る(14.3%):$ 27÷7 = $ 3.86
  • 8で割る(12.25%):$ 27÷8 = $ 3.38
  • 10(10%)で割る:$ 27÷10 = $ 2.70(半分の$1.35をもう一度加えて4.05ドル)

ご覧のように、これらはすべて覚えやすく、実行しやすく、サービスの良さと悪さに応じて15%以上の目標数にかなり近づくことができます。

国別チップガイド *1:外国でのチップ

チップから解放されてバカンスを楽しむためには、アメリカや比較的チップの率が高い国以外で休暇を取ることをお勧めします。
あなたがチップを払いたくないのであれば比較的チップの習慣のないアジア諸国やオセアニアであればチップ問題は多少解消されますが、行く場所によって異なります。

アメリカ、カナダ、メキシコ、アラブ首長国連邦やインドをはじめとするいくつかの国では、チップが期待されています。ヨーロッパの多くの国では、レストランの請求書にサービスが含まれています。そうであれば、さらに多くの料金を支払う義務はありませんが、一部の旅行者は依然として少額の1桁台のチップを支払っています。

オーストラリア、アイルランド、英国、ブラジル、日本などの国では、転倒は一般的ではありません。これは、中国でも当てはまりますが、ツアーガイドの案内は除きます。

アフリカ

アルジェリア: チップは慣習ではありません。

エジプト: 良いサービスの対価として10%のチップ。

ケニア: サービス料がない場合、良いサービスの対価として5%のチップ。

マダガスカル: 良いサービスの対価として10%のチップ。

モロッコ:  良いサービスの対価として10~15%のチップ。

ナミビア:  良いサービスの対価として0~10%のチップ。

ルワンダ: 特別なサービスを受けていない限り、チップは不要です。

南アフリカ:良いサービスの対価として10~20%のチップ。

セネガル:特別なサービスを受けていない限り、チップは不要です。

南北アメリカ

アメリカ:  良いサービスの対価として15~20%のチップ。

アルゼンチン: 良いサービスの対価として10%のチップ。

バハマ:  良いサービスの対価として10%のチップ。

ボリビア: 良いサービスの対価として10%のチップ。

ブラジル: 良いサービスの対価として10%のチップ。

カナダ:  良いサービスの対価として15~20%のチップ。

ケイマン諸島:  サービス料がない場合、 良いサービスの対価として15%のチップ。

チリ:  サービス料に加えて 良いサービスの対価として10%のチップ。

コロンビア: 良いサービスの対価として10%のチップ。

コスタリカ: チップは法案に含まれています。優れたサービスのための対価として10%まで。

キューバ:  優れたサービスのための対価として$ 1。

エクアドル:  サービス料がかからない場合、 良いサービスの対価として10%のチップ。

ニカラグア:良いサービスの対価として8~10%のチップ。

メキシコ:  良いサービスの対価として10~15%のチップ。

パラグアイ: 良いサービスの対価として10%のチップ。

ペルー:  良いサービスの対価として10%のチップ。

プエルトリコ:  良いサービスの対価として15%のチップ。

ベネズエラ:  良いサービスの対価として10%のチップ。

アジア太平洋域

オーストラリア: チップは慣習ではありません。高級レストランのみチップ10%。

バングラデシュ:  良いサービスの対価として5~10%のチップ。

中国:  チップは慣習ではありません。ヒント:主要都市で優れたサービスに対し3%のチップ。

香港:  良いサービスの対価として10~15%のチップ

インド:  良いサービスでサービス料がない場合、10%のチップ。

日本:  チップは慣習ではなく、高級旅館などで。

マレーシア:  10%のチップが含まれています。

ニュージーランド: チップは慣習ではありません。高級レストランのみチップ10%。

北朝鮮:  チップは慣習ではない。

パキスタン:  良いサービスの対価として10~15%のチップ

フィリピン: 良いサービスの対価として10%のチップ

シンガポール:  10%のチップが含まれています。

韓国: 良いサービスの対価として0~10%のチップ

台湾:  サービス料がかからない場合、良いサービスの対価として10~15%のチップ。

タイ: 良いサービスの対価として5~10%のチップ

ベトナム:  サービス料がない場合、良いサービスの対価として10%のチップ

ヨーロッパ

アルバニア: 良いサービスの対価として0~10%のチップ

オーストリア: 良いサービスの対価として5~10%のチップ

ベラルーシ:  良いサービスの対価として5%のチップ

ベルギー:  サービス料がかかっていない場合は、良いサービスの対価として10%のチップ

ブルガリア:  良いサービスの対価として10~12%のチップ

クロアチア: 良いサービスの対価として5~10%のチップ

チェコ共和国:  良いサービスの対価として10~15%のチップ

デンマーク: チップは慣習ではありません。

フィンランド:  サービス料がかかっていない場合は、良いサービスの対価として10%のチップ

フランス: 良いサービスの対価として5~10%のチップ

ドイツ: 良いサービスの対価として5~10%のチップ

ギリシャ: 良いサービスの対価として5~10%のチップ

アイスランド: サービス料がかからない場合、良いサービスの対価として10%のチップ

アイルランド:  良いサービスの対価として10~15%のチップ

イタリア:  サービス料に加えて良いサービスの対価として10%のチップ

オランダ:  チップは慣習ではありません。

ノルウェー:  サービス料がかかっていない場合は、良いサービスの対価として10%のチップ

ポーランド: 良いサービスの対価として10~15%のチップ

ポルトガル: 良いサービスの対価として0~5%のチップ

ルーマニア:  良いサービスの対価として10~15%のチップ

ロシア:  良いサービスの対価として10~15%のチップ

スペイン:  サービス料に加えて、良いサービスの対価として7~10%のチップ

スウェーデン: サービス料がない場合、良いサービスの対価として10%のチップ

スイス: 良いサービスの対価として5~10%のチップ

トルコ:  良いサービスの対価として5~15%のチップ

ウクライナ: 良いサービスの対価として5~15%のチップ

英国: サービス料がない場合、良いサービスの対価として10~15%のチップ

中東

イラン: サービス料がない場合は、良いサービスの対価として10%のチップ

イスラエル: 良いサービスの対価として10~15%のチップ

ヨルダン:  サービス料に加えて、良いサービスの対価として5~10%のチップ

オマーン:  チップは慣習ではありません。

サウジアラビア:  良いサービスの対価として10~15%のチップ

アラブ首長国連邦: 良いサービスの対価として15~20%のチップ

カタール: 良いサービスの対価として15~20%のチップ

 

お客様のご要望をお伺いし、

チップで困らない旅行プランをお作りします。

こちらで紹介していないプランやホテル、クルーズに関しましても、
お気軽にお問い合わせください。

 

旅行のプランについて下記の電話、メールアドレス、または下記フォームよりお問い合わせください。

グラマラスヴォヤージュ(株式会社グラージュ)
TEL : 052-324-8299 
営業時間:10:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日・年末年始
 
 

チップってどれくらい払うの?チップを少なくするための4つのヒント 
お問い合せフォーム 

下記フォームにご入力いただき確認ボタンをクリックしてください。

  

ご希望方面または国

上記タイトルが自動入力されます

*詳しいご希望はメッセージ欄にどうぞ

出発日*
帰着日*
出発地(空港)*
参加人数:大人*
参加人数:子供(12歳未満)*
旅行形態*
航空券のクラス*

ご希望のご搭乗クラスをお選びください

旅行タイトル* 

今回のご旅行に思い思いのタイトルをつけてください

お名前*  
年齢*
性別*  男性女性
メールアドレス*
郵便番号*
ご住所*
お電話番号*

携帯電話など日中ご連絡可能な電話番号をご記入ください

連絡のつきやすい時間帯*

コンシェルジュからお電話を差し上げます、ご都合の良い時間帯をお選びください

どこでこのオーダーメイド旅行を知りましたか
お得なメルマガ登録
当社へのメッセージ

Follow me!