スリランカ旅行 無料オーダーメイド見積り【グラマラスヴォヤージュ】

グラマラスヴォヤージュのオリジナルオーダーメイド旅行
 

あなた専用スリランカ旅行プランをプランニング!

 
スリランカ旅行経験豊富なプロの旅行プランナー「トラベルコンシェルジュ」が、
 
あなたのご要望・予算を聞き、

おひとりおひとりに合わせたオリジナル旅行プランをゼロからご提案。

もちろんお見積もりは無料です。

 

スリランカ旅行のオリジナル海外オーダーメイドツアーは新婚旅行・ハネムーン計画の費用・予算をグラージュはお値打ちお見積もりします

 

スリランカ民主社会主義共和国 
DEMOCRATIC SOCIIALIST REPUBLIC OF SRI LANKA

おきがるスリランカ旅行見積りならオリジナル旅行・新婚旅行プランがつくれます

 

グラマラスヴォヤージュはグラージュが展開する、
 
『個人旅行の自由・気まま・思い通りな旅』 + 『パッケージツアーの安心・安全・らくらく快適な旅』
 
個人旅行とパッケージ旅行の良いとこ取りをした
 
あなただけのオリジナルツアーを提案する「新しいオリジナルオーダーメイド旅行」です。
 
 
スリランカ旅行の旅先での費用や予算もあなたの希望に応じて、
現地情報やベストシーズン、持ち物、服装などをおすすめプランと共に
あなた専用のスリランカ旅行ツアー」をご提案します。
 
 
現地基本情報は下記スリランカ旅行ブログにてご確認下さい。
 
グラマラスヴォヤージュはあなたの旅のわがまま叶えます。
 
 
 

     ◆ご相談からご出発までの流れ 

■上記専用フォームからごオーダーメイド旅行の見積依頼を送信!
上記専用フォームからご旅行の見積依頼を送信!

まずはお気軽に上記専用フォームから海外・国内を選びクリック。
フォームに従い行先・目的・イメージ・ご予算など、
旅行に関するご要望をお気軽にお聞かせください。
(お見積のご案内まで土・日・祝日を除き約1週間お時間を頂戴しております)

■弊社旅のプロフェッショナル、トラベルコンシェルジュが旅行お見積をメールにてご案内いたします!
弊社旅のプロフェッショナル、トラベルコンシェルジュがお見積をメールにてご案内いたします!

弊社旅のプロフェッショナル、トラベルコンシェルジュから、
ご要望を反映した見積りをご案内します。
お気に入りのプランを選んで、
思い描いた旅行プランをつくりあげてください。
ご要望はお気軽にお申し付けください。

■お申し込み・商談成立!あなただけのオリジナル旅行へ旅立ち!
お申し込み・商談成立!あなただけのオリジナル旅行へ旅立ち!

航空券・ホテル・送迎・各種チケットや観光の手配は
トラベルコンシェルジュにおまかせ!
こだわりの旅を万全サポートいたします。
それではあなただけのオーダーメイド旅行に行ってらっしゃいませ!

 

コロンボ:COLOMBO(CMB) 、アヌラダブーラ:ANURADAHAPUR (ADP)
キャンディ:KANDY (KDY) 、シギリヤ:SIGRIYA (SYG)
ヌワラエリア:NUWARA ELIYA (NWR)、ハバラナ:HABARANA(HRX)、
ラトナプーラ:RATNAPURA(RPU)、ポロンナルワ:POLONNARUWA(PLE)

 

コロンボ:Colombo

スリランカの実質的な首都で経済活動の中心地です。
コロンボは、7世紀ごろから交易の場として活用されていた街ですが、本格的に開発されたのは、大航海時代を経てポルトガル人、続いてオランダ人がこの地を拠点とした16世紀以降のこと。スパイスや紅茶貿易の拠点となったコロンボは、インド洋有数の港町となります。1948年、スリランカがセイロンとして独立したときに、コロンボは正式に首都と定められました。1984年に首都がスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテに移ったあとも、政治や経済の中心地としての機能は保たれています。活気あふれる庶民の街ペター地区、商業や金融施設、鉄道駅などがコロニアルな建物とともに建ち並ぶフォート地区が街の中心。フォート地区の南側にはゴールフェイスグリーンと呼ばれる芝生の広場があり、平日の夜や休日は家族連れやカップル、観光客でにぎわっています。インド洋沿いに南北に走るゴールロードは宝石店やさまざまな商店、土産物店、おしゃれなレストランが並ぶ旅行者にも楽しいエリア。高級住宅街でもある緑豊かなシナモンガーデンズ周辺には国立博物館や自然史博物館などがあります。

コロンボの夜景

フォート地区

ペター地区

スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ:Sri Jayawardanapura Kotte

国会議事堂

1985年にそれまでの首都だったコロンボから国会議事堂が移されたことにより遷都され、行政上の首都となっています。
しかしながら、ほとんどの行政機関はまだ近隣のコロンボに残っており、広大な湖の上に建つ国会議事堂のみが、この地が首都であることを思い知らせてくれます。この国会議事堂はスリランカが生んだ稀代の建築家であるジェフリー・バワの設計で、日本の建設会社もその施工に携わっています。残念ながら内部は見学不可ですが、湖の対岸の畔から観るだけでもその壮大な姿を堪能できるでしょう。

ネゴンボ:Negombo

ネゴンボビーチ

海のシルクロードの拠点として栄えた古い漁港です。今は快適なリゾートホテルが多く建ち並ぶ人気のビーチリゾートで、たくさんの外国人が休暇を過ごしています。ビーチリゾートというだけあって、パラセーリングなどウォータースポーツが楽しめる一方で、朝方には、独特な形の双胴船(カタマラン)が一斉に漁に出る風景や、フィッシュマーケットでの水揚げなど、漁港の町ならではの風景を楽しむことができます。

マウント・ラヴィニア:Mount Lavinia

マウント・ラヴィニア・ホテル

コロンボの南12キロに位置するビーチリゾート。イギリス人の総督たちが避暑地として利用した歴史あるリゾートで、この地域のアイコンとも言うべきコロニアル様式の「マウント・ラヴィニア・ホテル」が今も残ります。コロンボ近郊のリゾートとして、ビーチ沿いにレストランも数多くあり、気軽に行けるリゾート地として平日夜や週末は地元の人々で賑わいます。

ケラニヤ:Kelaniya

ケラニヤ寺院

スリランカの仏教聖地のひとつ、ラジャ・マハー・ヴィハーラがあります。この寺院は、過去に釈迦が訪れたとされる、スリランカの3大聖地のひとつで、伝説によるこの地で沐浴をし、説教をしたといわれています。現在は13世紀に建てられた寺院が残り、たくさんの信者が訪れています。寺院内部には仏陀にまつわるエピソードを描いた見事な壁画があり、中でもスリランカを訪れた釈迦を描いた壁画は迫力満点です。

聖地アヌラーダプラ:Sacred City of Anuradhapura

1982年、世界文化遺産に登録されました。紀元前5世紀ごろからシンハラの王が治めていたと伝えられるスリランカ最古の都。紀元前3世紀に仏教が伝えられたのちは、仏教の中心地としても多いに栄えました。やがてタミル人の侵略によりシンハラの王は王位を剥奪され、以後、長い抗争の時代が始まります。4世紀にインドから釈迦の仏歯が伝えられ、王権の象徴とされますが、争いは激しさを増し、ついに10世紀、シンハラ王朝はアヌラーダプラを放棄します。
街のシンボルは白く巨大な仏塔、ルワンウェリサーヤ大塔。高さ55メートル、紀元前2世紀に建設が始まったと伝えられます。ロックテンプルことイスルムニヤ精舎は、紀元前3世紀の僧院を修復した寺院で、極彩色の仏像や岩肌の仏教彫刻、宝物殿など見ごたえ充分。インドのブッダガヤの菩提樹を分け木と伝わるスリー・マハー菩提樹も必見。樹齢2000年の菩提樹は大切に守られ、今も巡礼者たちの信仰を集めています。その他にもたくさんの見どころが遺跡地区を中心に広がっています。

イスルムニヤ精舎の涅槃像

スリー・マハー菩提樹

ルワンウェリ・サーヤ大塔

 

ミヒンタレー:Mihintale

スリランカに最初に仏教が伝わったとされる仏教の聖地です。紀元前3世紀、シンハラの王がこの地でインドのアショカ王の息子と出会い、仏教に帰依した王はここにたくさんの仏教施設を建てました。現在も仏塔や考古学博物館など見所が多く、王とアショカ王の息子が出合ったとされるアムバスタレー大塔やインビテーション・ロックは必見です。仏教伝来の日と伝えられている毎年6月〜7月にかけての満月の日(ポソン・ポヤデー)には、ポソン祭りが行われ、満月を拝むために数千人の信者がこの土地を訪れます。

古代都市シギリヤ:Ancient City of Sigiriya

1982年、世界文化遺産に登録されました。5世紀後半、父である王を殺し、その報復を恐れて弟も追放したカッシャバ王子は、ジャングルの中にある高さ200メートルの巨岩の上に宮殿と玉座を置き、ここを都とさだめます。インドに逃げた弟に攻め込まれ自害するまでのたった11年の間に、彼はみごとな芸術をこの空中の都に刻み続けました。
訪れる人はまず、岩山の中腹にある色鮮やかで官能的な天女たち「シギリヤ・レディ」の壁画に息を呑むことでしょう。一説によればカッシャバ王子が殺害した父王の魂を慰めるために描かせたといわれ、現在は18人の絵が残りますが、当時は500人の美女が描かれていたと言います。さらに上って宮殿まで登る最後の階段の入り口には、巨大な獅子の足があります。当時は獅子の頭部全体があり、訪れる人は獅子の口に飲み込まれるように宮殿に入っていったと考えられています。山頂にはプールや観劇施設など娯楽設備がある一方で、敵を退ける投石機も残り、孤独な王の暮らしをしのばせます。

シギリヤロック

シギリヤレディ

ライオンのテラス

古代都市ポロンナルワ:Ancient City of Polonnaruwa

1982年、世界文化遺産に登録されました。約1,400年もの間王都だったアヌラーダプラを放棄したシンハラ王朝が、次に首都とさだめたのがポロンナルワです。12世紀、パラークラマ・バーフ王によって街は大きく発展し、多くの寺院が建てられ、周辺諸国からも数多くの僧が訪れるようになりました。13世紀後半、再びインドからの侵略を受け遷都されてからはジャングルに埋もれ忘れ去られていましたが、20世紀に入ってから発見され、発掘調査がすすめられました。 遺跡が集まっているのは旧市街一帯。宮殿や図書館の跡など数々の遺跡が残りますが、見所は、城壁に囲まれた庭に11もの建築物が集まっているクワドラングル、「寝る」「立つ」「座る」というポーズをとった3つの大きな石像からなるガル・ヴィハーラなどです。

ガル・ヴィハーラ

クワドラングル

宮殿跡

ダンブッラの黄金寺院:Golden Temple of Dambulla

1991年、世界文化遺産に登録されました。紀元前1世紀ごろから祈りの場として使われてきたという歴史ある地。岩山の頂上付近で少しずつ掘り進められてきた石窟寺院は全部で5つあり、それぞれの石窟ごとに作られた時代が異なります。石窟の内部にはたくさんの仏陀の像があり、壁や天井を埋め尽くすのは仏陀の生涯を描いた壁画。上から何度も塗り重ねた跡があり、長年にわたり信仰の現場であり続けてきたことを物語っています。第1窟にある全長14メートルの涅槃像や第2窟にある壁画と56体もの仏像、天井から湧き出る聖水が主な見どころです。

ダンブッラ石窟寺院

ダンブッラ石窟寺院

聖地キャンディ:Sacred City of Kandy

1988年、世界文化遺産に登録されました。15世紀から19世紀まで、スリランカのシンハラ人による最後の王朝があった場所です。街のシンボルは仏陀の糸切り歯を納める「仏歯寺」。シンハラ建築独特の八角形の堂の中には、仏陀の座像が鎮座します。紀元前6世紀、仏陀が火葬された際に入手されたと伝えられる仏歯は、4世紀にアヌラーダプラに奉納され、王権の象徴として都とともに移動してきましたが、最後にはキャンディに落ち着きました。仏歯が納められた黄金の舎利容器は7重の小箱になっており、1日3回のプージャ(礼拝の儀式)の間、数分間だけ小窓から見ることができます。この仏歯は一年に一度だけ、夏に開催される「ペラヘラ祭」の時に外に出されます。舎利容器は象の背に乗りたくさんの象やダンサー、神職たちとともに街をパレードし、人々は沸き返ります。 また、この街はスリランカを代表する伝統舞踊・キャンディアン・ダンスの本場。いくつか上演場所がありますので、お見逃しなく。

キャンディアン・ダンス

仏歯寺

ピンナワラのゾウの孤児院:Pinnawala Elephant’s Orphanage

キャンディの郊外にあるゾウの保護施設。ここには森で親とはぐれてしまった子ゾウや、ケガや病気のため野生で生きていくのが難しくなったゾウなど約80頭が保護されています。象たちは1日2回(10:00~12:00, 14:00~16:00)、孤児院から道路を隔てた近くの川へ水浴びに出かけます。大きなゾウたちが列になって、横断歩道を渡り、細い路地を通って川へと向かう様子は圧巻。また、ここでは象の糞をリサイクルして再生紙を作っており、その製造現場の見学やその紙を用いたお土産などを購入することもできます。

アルヴィハーラ:Aluvihara

紀元前1世紀に建立されたと言われる古い仏教寺院。巨大な岩をくりぬいて寺院が造られており、中には釈迦にまつわる物語や地獄絵図などの壁画があります。館内には、2000年前にパピラというヤシの葉で作られた紙に記された文書が保存されています。

 

ヌワラエリヤ:Nuwara Eliya

セイロンティーの茶畑に包まれた、標高1,800メートルに位置する避暑地。イギリス植民地時代に開発された街で、今もコロニアルホテルや競馬場、ゴルフ場など当時の名残を残す場所が多く残ります。アジア最古のゴルフコースの一つであるヌワラエリヤ・ゴルフクラブは1889年オープン。歴史を感じさせる今も人気のゴルフコースです。街から少し出れば茶畑が広がり、茶摘みの風景を見ることができます。また、ところどころに点在する紅茶工場では紅茶の製造過程の見学と紅茶の試飲ができます。

コロニアルホテル

ヌワラエリヤ・ゴルフ・クラブ

紅茶畑:Ratunapura

宝石採掘場

ラトゥナ(宝石)+プラ(町)の名の通り、スリランカ随一の宝石の街として知られています。町の周辺の採掘場ではスターサファイヤやキャッツアイなどさまざまな石が産出され、それらを扱う宝石店も市内に軒を連ねます。採掘場では実際に宝石を採掘している現場を見学できます。また、市内にいくつかある宝石博物館で石の歴史などを学ぶのも楽しいでしょう。道で声をかけて宝石を売りつけてくるような人のなかには、悪質な業者も多いので、くれぐれも買物には用心してください。

 

スリー・パーダ(アダムス・ピーク):Sri Pada(Adam’s Peak)

スリーパーダ

世界遺産であるピークワイルダーネス自然保護区内にある標高2,238メートルの神聖な山です。この山は仏教、ヒンドゥー教、キリスト教、イスラム教、それぞれの聖地と崇められており、多くの巡礼者が目指すのは頂上の足跡。仏教徒はこれを仏陀の足、ヒンドゥー教徒はシヴァ神の足、イスラム教徒やキリスト教徒は「アダムが地上に降り立ったときの足跡」と考えて拝礼します。かのマルコ・ポーロも13世紀にこの山を訪れました。巡礼できるのは12月のポヤデー(満月)から5月の満月まで。夜中に上って頂上で日の出を拝み、下山するのが一般的なルートです。毎月のポヤデーは全国各地から多くの巡礼者が訪れるため、登山道が混雑し頂上までたどり着けないこともありますので注意が必要です。

 

ホートンプレインズ国立公園とワールズエンド:Horton Plains National Park & World’s End

ホートンプレインズ国立公園

2010年に世界遺産に登録されたスリランカ中央高地の一部を成す国立公園。標高2,000メートルの草地が広がる高原地帯で、手つかずの大自然が残されています。このホートンプレインズ国立公園の南側にはワールズ・エンド(World’s End)と呼ばれる直角に1,000メートルもの高さのある切り立った崖があり、ここを訪れることのできるトレッキングコースが整備されています。まさに「地の果て」と呼ぶにふさわしい絶景です。

ゴール旧市街とその要塞群:Old Town of Galle and its Fortifications

1988年に世界文化遺産に登録されました。中東と中国を結ぶ「海のシルクロード」の中継地点として古代から栄えた港町で、大航海時代に入ると、ポルトガルやオランダの手によりこの地に堅固な要塞が築かれ、香料貿易の拠点として街は多いに栄えました。要塞の中には、コロニアルな街並みが広がり、時計台やオランダ教会灯台などが当時の面影を残しています。2004年12月26日のスマトラ島沖の大地震により、インド洋からの大津波が襲いかかったとき、この旧市街は一人の犠牲者も出しませんでした。植民地時代の城壁が街を守ったためで、以来「奇跡の世界遺産」と呼ばれています。

ゴール旧市街の街並み

時計台

城壁

 

ベントタ:Bentota

ジェットスキー

もともと政府の主導で開発されたスリランカを代表するリゾート。多くのリゾートホテルがベントタ川の河口付近の砂州に建ち並んでいます。ジェットスキー、ウインドサーフィンなどの各種マリンスポーツはもちろん、ベントタ河をクルーズするボートサファリも人気です。
Ambalangoda

仮面

ベントタとヒッカドゥワの中間に位置する悪魔祓いの仮面で有名な町。この地域では伝統的な悪魔祓いの儀式で使われる仮面の生産が盛んで、町中にある仮面博物館では、展示品とともにその制作過程を見学することもできます。お土産屋も併設されていますので購入も可能です。

ヒッカドゥワ:Hikkaduwa

ヒッカドゥワビーチ

スリランカ随一のビーチリゾート。沖合には美しい珊瑚礁が広がり、スノーケリング、ウインドサーフィン、ダイビングやサーフィンなど、バラエティ豊かなマリンスポーツが楽しめます。ビーチに並走するゴールロード沿いには、高級ホテルからゲストハウスまで、たくさんのホテルが並んでいますので、予算に合わせた旅を楽しむことができます。南西海岸が乾季となる11月~3月までがベストシーズンで、この時期は多くの人で賑わいます。

カタラガマ:Kataragama

 

スリランカ南部、ヤーラ国立公園に隣接する小さな街カタラガマは、スリランカの人々にとって重要な聖地として大切にされている土地。ここに祭られているカタラガマ神は「どのような願いも叶える」神として知られており、悩みを抱えた人、事業を始める人、何か大きなことを考えている人は必ずここを訪れると言われているほどです。宗教の枠を超え、数多くの人が全国からカタラガマ神殿を参拝するために訪問しています。特に、苦行祭としても知られる、毎年夏に行われるカタラガマ大祭の時期は、全国から集まった人々で溢れかえります。

シンハラージャ森林保護区:Sinharaja Forest Reserve

散策道

1988年に世界自然遺産に登録されました。島の南部にある1万ヘクタールあまりの熱帯雨林で、森林保護区となっています。人の手の入っていない原生雨林は豊かな生態系を誇る固有種の宝庫で、ヒョウも生息するといわれています。入域箇所はラトゥナプラ側の北部とデニヤーヤ側の南部の2か所があり、北部のほうがより整備が進んでいます。入域にはガイドの同行、および入域箇所にある森林事務局での入域登録と入場料の支払いが求められます。


ヤーラ(ルフヌ)国立公園:Yala (Ruhunu) National Park

野生の象

スリランカの南東部に位置する国立公園。スリランカで一番有名な国立公園で、朝方や夕刻のサファリでは、ゾウやクマ、ヒョウなどの野生動物が間近で観察できることで知られています。総面積は12万6786ヘクタールにも及びますが、旅行者が日帰りのサファリツアーで訪れるのはブロック1と呼ばれる1万4101ヘクタールのエリア。自然公園に入るには旅行会社でサファリツアーに申し込み、4WDのジープとガイドを手配することになります。拠点となる町はここから約20キロ離れたティッサマハラーマ。サファリツアーはこの町のホテルなどで申し込むことができます。ベストシーズンは乾季となる1〜6月。毎年8月〜10月にかけての1か月間程度、メンテナンスのために入園が不可となりますので注意が必要です。

 

 

スリランカ旅行のオリジナル海外オーダーメイドツアーは新婚旅行・ハネムーン計画の費用・予算をグラージュはお値打ちお見積もりします

 

◆時差

日本との時差は-3時間30分。スリランカの方が遅れている。夏時間はない。

◆空港

バンダーラナイケ国際空港(BANDARANAIKE INT’L AIRPORT:CMB)から32KM。

◆空港税
更新日:2011.06.07

<TT>出国税:国際線出発(コロンボ) LKR 1500。
<注>2歳未満、乗継旅客は不要。

<空港税について>
空港税(Airport Tax)、旅客サービス料(Passenger Service Charge)等は旅客が空港で出発時または、まれに到着時に支払うものと航空券発券時に徴収されるものがあります。最近の傾向として、空港税、通行税、空港施設使用料また入国審査料、旅客保安料等の名目で税金、諸サービス料が航空券発券時に徴収されることが多くなっています。

TT(航空券発券時) ADT(出発時に旅客が支払う) AAT(到着時に旅客が支払う)

◆通貨
更新日:2011.10.04

通貨単位・略号 補助通貨 対米ドルレート 円換算
スリランカルピー  LK RUPEE/S  (LKR) 100セント = CENT/S 110.19  スリランカルピー 0.69 円
「為替レート」は、主要銀行の外国通貨売相場レート、IATA(国際航空運送協会)発表レートなどを参考表示しています。外貨購入レートは銀行、両替実施日によって異なります。

◆電圧・周波数

230V 50HZ

◆日本宛郵便物料金

ハガキ:LKR20 封書: 10G迄 LKR45

◆国際電話料金

<NTTコミュニケーション(海外→日本の一般(固定)電話にかけた場合)> 昼 最初の1分迄(6秒毎) 7.7円,以降6秒毎 7.7円

◆飲み水

生水は避ける。ミネラルウォーターを飲用のこと。

◆タクシー

メーター制のタクシーがある。

◆チップ

ホテル/レストラン:任意。料金の10%が目安。

◆営業時間

郵便局:月-金 9:00-17:00 銀行:月-金 9:00-15:00 商店:月-金 10:00-17:30 土 09:00-13:00

◆平均気温・降水量・服装

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高気温 31 31 32 32 31 30 30 30 30 30 30 30
最低気温 22 23 24 25 26 26 25 25 25 24 23 23
降水量 58 73 128 246 392 185 122 120 245 365 414 175
服装
A/B A/B A A A A A A A A A/B A/B
気温は℃、降水量はmm
A:夏服・半袖  B:薄手のセーター、カーディガン等  C:冬服・薄手のコート等
D:厚手のコート、手袋等の防寒具

◆観光査証・渡航認証要否・旅券残存有効期間

観光査証・渡航認証
不要: 30日以内の観光は査証不要。
備考: 往復予約済航空券が必要(復路オープン可)。
旅券残存有効期間 入国時6ヵ月以上必要。
(周遊の場合、旅券残存有効期間はすべての訪問国の条件を満たすこと。)
[国・地域別査証取扱要領]

◆予防接種証明書要否

コレラ ×
黄熱
マラリア
  <予防接種について>  
○/ 入国・入境者すべてに要求
A/ コレラ汚染地区に滞在または通過後5~10日(国・地域により異なる)以内に入国・入境する場合、予防接種証明書が必要
B/ 黄熱汚染地区に滞在または通過後6日以内に入国・入境する場合、予防接種証明書が必要
C/ 次の訪問国・地域が当該予防接種証明書の提示を求める場合必要
R/ 予防接種をしておいた方が望ましい(マラリアについては予防薬を服用、マラリアは訪問地域、時期により必要度合いが異なる)
×/ 不要
C/ コレラ
Y/ 黄熱
M/ マラリア
備考:Y:空港を出ない者除く

◆E/Dカード・税関申告書
[要否一覧]
◆持込制限・持出制限

持込制限 持出制限
現地通貨:LKR5000 外貨:USD10,000<注>インド/パキスタン通貨禁止
タバコ:200本又は葉巻50本又は刻みタバコ250G 酒:蒸留酒1.5L、他にワイン2本 (前記19才以上) 香水/オーデコロン:少量 土産品:課税対象(LKP250 を超えるもの)
外貨:持込額又は入国時申告額 現地通貨:5千スリランカルピー タバコ:適量 酒:アラック酒 1本 (前記19才以 上) 香水/オーデコロン:少量

(日本国の持出・持込制限は税関(http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/index.htm)をご確認ください)

 

※  上記の情報は、随時更新を行っておりますが、実際とは異なる場合もございますので、あくまでもご旅行・ご宿泊の参考としてご覧ください。

 

スリランカ旅行
無料オーダーメイド旅行見積もりフォーム 

  

ご希望方面または国*

無料オーダーメイド旅行見積もりフォーム

*ご希望方面または国をお選びください。複数都市はメッセージ欄にどうぞ

出発日*
帰着日*
出発地(空港)*
ご予算*

大人お一人当たりの上限

参加人数:大人*
参加人数:子供(12歳未満)*
旅行形態*
航空券のクラス*

ご希望のご搭乗クラスをお選びください

航空会社の希望
宿泊施設のグレード*
ご希望行程をお知らせください*

ご要望や具体的行程などトラベルコンシェルジュへのメッセージをご記入ください。

行程記入例:下記を参考にご記入下さい。
1/15(月) 成田→ロンドン
1/16(火) ロンドン市内観光
1/18(木) ユーロスターでパリへ
1/19(金)パリ市内観光
1/20(土) モンサンミッシェル観光
1/22(月) パリ→成田
1/23(火) 成田着

旅行日程 

旅行日程の変更は可能ですか?
いいえはい

目的地 

目的地の変更は可能ですか?
いいえはい

予算 

予算上限の変更は可能ですか?
いいえはい

旅行タイトル* 

今回のご旅行に思い思いのタイトルをつけてください

お名前*  
年齢*
性別*  男性女性
メールアドレス*
郵便番号*
ご住所*
お電話番号*

携帯電話など日中ご連絡可能な電話番号をご記入ください

連絡のつきやすい時間帯*

コンシェルジュからお電話を差し上げます、ご都合の良い時間帯をお選びください

どこでこのオーダーメイド旅行を知りましたか
お得なメルマガ登録
当社へのメッセージ

Follow me!